RAVPower 65W RP-PC133を購入してみた これを選んだ理由

RP-PC133
Amazonで確認
RAVPower 急速充電器 RP-PC133
65W USB-A + USB-C
タイムセール
2020年8月09日調べ
Amazon
3,909円(実質3,615円)
4,599円(税込)

4月27日に「RAVPower」ブランドからGaN(窒化ガリウム)を採用した充電器「RP-PC133」が発売されました。最大65Wの出力できる製品です。

初回販売は、アーリーアダプター(初期購入者)に使ってもらうために、最安値で販売される傾向があります。今回も100人限定で1,000円OFFクーポンが付いていましたので、3,599円で購入することができました。ちょうどSwitchを充電できる急速充電器を探していたので、購入してみました。レビューは後日に。

今回の記事では、数ある充電器の中でどうしてRAVPower 65W充電器を選んだのか、どのようなユーザーなら「RP-PC133」を購入するメリットがあるのかを紹介してみたいと思います。

RAVPower RP-PC133
4月27日発売 急速充電器 65W USB-A+USB-C
RP-PC133
¥300 OFFクーポンあり
Black 4,599円 Amazon
White 4,799円 Amazon
7月18日 タイムセール中 ⬇

急速充電器購入時のチェックポイント

雲風旅人
4つのチェックポイント
①出力ポート数と形状
②最大出力
③サイズ・重量
④保証期間
RAVPower RP-PC133 特徴
出力 :USB-A×1+USB-C×1
最大W:65Wまで
サイズ:約55 x 55 x 31.5mm
重量 :約120g
電圧 :100~240V 50/60Hz
保証 :18か月+12か月(登録後)
最大65Wの出力とUSB-C/USB-A 2ポート出力

このRP-PC133はUSB-CとUSB-Aの2つの出力ポートを持っています。
従来、USB-Aを採用した60Wクラスの急速充電器は販売されていましたが、60Wクラスの記載があるものの実はUSB-Cの出力は45Wに制限されている製品が多くありました。たとえば、Anker PowerPort Atom III (Two Ports) などです。今回の新製品はその点が改善されていて、2ポートを同時に利用して充電する場合でも、USB-Cポートの出力が45W以上なら、USB-C=60W、USB-A=5Wといった出力が可能となりました。45Wと60Wでは充電スピードが異なるため、より使いやすくなったと感じた点です。USB-CはMacBook ProNintendo Switchなどのゲーム機器を高速に充電するために使いながら、USB-Aは急速充電の必要のない用途で使用するといった用途が想定できます。

コンパクトな携帯性

新素材GaN(窒化ガリウム)を採用し、65Wの高出力ながら、MacBookの純正アダプター(61W)よりも小さくコンパクトです。収納しやすい折畳式プラグ機構となっていて、ポケット、バッグなどに入れて持ち運ぶのにも便利です。また、世界各国の電圧(AC100-240V)に対応しているので、日本国内での使用はもちろん、海外旅行や主張先にも最適です。※渡航先のコンセント形状によっては変換プラグが必要です。ご注意ください。この製品には、ケーブルは付属していませんので、別途購入が必要です。

安心の長期保証

RAVPower製品には18ヶ月間の保証が付いています。また、製品登録をすることで12ヶ月間の延長保証を受けることができるので、安心です。

まとめ

黄色のマーカーを付けたところが、今回RAVPower 65W充電器を購入した理由です。充電器っていっぱいありすぎて、どれを選んだらいいかわからないとお悩みの方は、どのような環境で使いたいか上記の点に注意してみて、検討してみてはいかがでしょうか?

こんな人におすすめ
Nintendo SwitchやMacBook ProやPCを充電したい人
USB-A出力ポートを使いたい型
外出先などで利用したい人
長期保証があると安心できる人
購入はこちら ⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました